FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイクの荷物についての諸問題

・2日連続でこのブログを更新するのはかなり久々なんじゃないでしょうか。

・今日は昨日のような暗い話はしません。

・さて、僕はサイクリング部に入部したのですが、さっそく自転車を注文してしまったのです。

・それがこれ↓。ANCHORというブリヂストンのブランドで、RCS6SPORTというやつです。お値段は16万(号泣)。ただしかっこいいです。一目ぼれしました。もうほかの自転車が目に入らない程度には。
http://www.anchor-bikes.com/bikes/rcs6sp/RCS6-SPORT-JA_L.jpg

・これはロードバイクといって、ほかにあるシクロクロスやランドナー、クロスバイクなどと何が違うかというと「舗装された道なら非常にすいすい進む、ただし砂利道とか無理だし荷物もあんまり載せられない」。

・それにこの自転車はアルミ&カーボンといって、早い話「大体のタイプのキャリア(荷台みたいなもんです)が付けられませんざまあ」なのです。さあ困った。

・最初は某先輩のように「バックパックとサドルバッグ(サドルの下にバッグをつける)でよくね?」と思ったのですが、どうやらそれが厳しいらしく。

・今調べた中で良さそうなのが、TOPEAKというところのMTXビームラック、という代物。
http://www.amazon.co.jp/topeak-トピーク-MTXビームラック-CAR033-TA2096V/dp/B000FICAMI

・シートポストがカーボンだったらもう自害するしかありませんでしたが、幸いアルミだったので行けそうです。これならなんとか望みもあるのでしょうが…。どうなることやら。購入店の店員さんや先輩同級生にいろいろ聞いて早めに検討したいものです。

○追記
・先述のように一目ぼれとか書いてますが、実は最近別の自転車店でいいの見つけました。OPUSのツーリング用自転車、Largoの2012年モデルです。
http://opusbike.jp/2012opus_bike/touring-largo.html
お値段も12万と手頃ですし(恐ろしいでしょう?12万のどこが手頃なんでしょうか)、何よりクロモリ(カーボンは当然のこと、アルミより衝撃に強い)というのが良いです。色もいいですし。このメーカーは色が残念だったが難点だったのですが、このGIOS BLUEちっくな、しかし渋いカラーが大変気に入りました。来年買おうかなあ。

※1 「GIOS BLUE」とは→イタリアの自転車メーカーGIOSの自転車すべてのあの青色。ちなみに知ってるだけでGIOSのPure drop乗りを3人知っています。

※2 ちなみにこの人留学する予定です。どこからそんなお金が沸いてくるんでしょうねえ。

おしまい☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。