スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省・寄生・奇声

・タイトルの通り、昨日夜遅くに実家へと帰ってきました。昨日の流れから振り返って書いてみましょう。



・0800頃に起床。眠い目をこすりながら朝食の準備。といっても炊いておいた炊飯器のご飯を温めてインスタントみそ汁とともに頂くだけです。同時進行で身支度と洗濯。1回100円なのであまり頻繁にはできません。

・雨の中ぼろぼろの合羽を着て学校へ向かいます。ループは水たまりが多いので難儀します。傘差し運転が多いので根絶されることを期待しています。

・2限の専門基礎科目はノートを取るだけで半分以上知っている内容。お昼に一度家に帰りたかったのですが野暮用が入っていたためそちらへ。退屈な時間を過ごします。

・お昼の後3限は必修科目。意識が飛びました。

・4限が入っていなかったので一度家に帰って洗濯物を干し、そして遅い昼食を食べながら帰省の準備をします。

・キャンパスにとんぼ返りして5限は教授のお部屋でホームルーム。そこでいろいろ話し合いをしました。

・終わってからすぐ大学の講堂へ。以前から気になっていた講演会に出席するためです。さすが外資で上位まで上り詰めただけのことはある、大変面白い話でした。つまらない講義10回分の価値はある、といった某先生の言葉は半信半疑でしたが本当でした。ガラガラだったのがもったいないくらいです。質疑応答で同学部の4年生がした質問が、今まで聞いた質問の中でもベスト3に入るものでした。

・講演会が終わるとまたキャンパスへ。学群懇親会()に参加するためです。30分以上遅刻して1時間以上早く早退しました。参加費をドブに捨てたようなものでしたが、まったく痛くありません。これまで不快だったことはありません。本当に僕は学部関連の新歓に恵まれていません(おそらく僕に多少の責任はあるはずですが)。

・これはあくまでも僕のスタンスですが、あまり学部内に固まりすぎないようにしたい、というのがあります。というのもこの大学の弱点というのが「閉鎖性」だと考えるからです。ええ、居心地がいいんですよここ。ですから仲間同士で絡む。まとまる。そして閉鎖的内向的排他的になる。もともとこの大学自体滑り止めのような感じだったので、第一志望の人には悪いけど積極的に「外に出る」ことを考えていきたいのです。外というのは他の学部であったり、他の大学であったり、もっと別のものだったりします。

・閑話休題。そんなこんなで自宅へ戻り荷物を持ってバスに乗り駅へ向かいます。

・そこから乗り換え3回で実家の最寄駅へ。迎えに来た車に乗って帰宅。

・今日はといえば、購入したノートPCをカタカタ練習しています。このブログもそれで更新しています。

・あとはホームセンターや靴屋で買い物をした程度です。

・父親の声が変わっているような気がしました。聞いていないせいでしょうか。

・弟くんが結構ハードな部活に入ったことに驚きました。僕が高校生時代大嫌いだった部活です。僕へのあてつけでしょうか()。

・明日はまた買い物などしていく所存です。服がね、ないんですよ。大学内偏差値55~60は行きたい。

おしまい☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。