FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思えば無数の分岐をくぐってきました

・こんにちは。お久しぶりです。リアル(失笑)が忙しくて、なかなか更新できずにいました。

○今回は以下の点について書きたいと思います。
・専攻の問題。
・サイクリング部の問題。
・社会科学系サークルの問題。
・クラスの問題。
・お金及びバイトの問題。
・その他とりとめもないこと。





・まずは専攻の問題です。僕は当初社会学を志望していました。前のブログをご覧の方はご存じだと思いますが、高校生になってからそういった問題に強く関心を持つようになりました。特に公共政策と労働問題。インフラの維持管理とかワープアとかそういうやつです。
・しかし、大学受験は自業自得で社会学が学べない大学しか合格できませんでした。もう一年頑張って望みのところに入れる自信がなかったので今の大学に入りましたが、しょーじき言って「言語学」という学問に対する熱意が、自分にはないんじゃないかと。
・この「無理やり好きになろうとする」感覚がそろそろ限界なのかもしれません。
・この大学に入った大きな理由の一つとして、「高校国語教員になりやすい」というのがあります。
・しかしながら、正直言って日本語学とか「割とどうでもいい」と思ってますし、文法は嫌いなままです。Grammar be hangged!を地で行ってます。
・そこで現れた転学部という誘惑。他学部の社会学専攻。これなら労働社会学を専門とされている先生がいらっしゃいます。
・転学部すると、国語の教員免許がとりにくくなります(不可能ではない)。今までの学部のつながりが希薄になります(裏切り者の汚名は逃れられない)。加えて、お世話になったある先生を裏切ることになります。
・ただ、仮に転学するにしても、露語の勉強は続けていく方針ですし、露語の友人たちは好きです。そして露語の勉強は辛いですが、マイノリティという優越感(ドイツ語とかwww周りがやってるだけでしょwww、みたいな)。加えて留学はするつもりです(それが露語件になるか否かは別として)。それと多少のしがらみから合法的に逃れることができます。何より自分のもっともやりたいことをできる、というのが大きいです。
・とにかく、仮に転学部するのであったら、そろそろ聴講ということでいらない授業を切って社会学系統の授業に潜りこんでいく必要があります。今まで無遅刻無欠席なんですけどね。

・サイクリング部の問題。はい、入部しました。男女比=9:1、文理比0.25:9.75くらいでしょうか。ただこの部活、とにかく金がかかります。まず自転車が最低で15万します。加えて装備費や合宿費、交通費などを考慮すると卒業までに4~50万はするんじゃないでしょうか。加えて僕は留学する予定なのでさらに100万近く金がかかります。まあ親には東京の私立に浪人して行った、と思って我慢してもらいましょう。平身低頭です。

・社会科学系サークルの問題。こちらも入会しました。こっちの方はお金はご飯食べに行ったりするくらいなので、まああまり負担はありません。活動もそれほどなく、良い感じでやれそうです。

・クラスの問題。一応代表格を複数人でやっていますが、事実上他の代表に丸投げでサポートに回ってます。実をいうと、転学するとこの代表ができなくなります。まあできなくなったところでしがらみ(生徒会みたいなものですしね)から解放されるくらいで。友人もなくしますけど、仕方ないですね。その他未成年のため言及は差し控える問題もありますが、一応そういうことです。

・お金及びバイトの問題。そう、前述のとおり、お金がありません。食費を削ってはいるのですが、飲み会に連れて行かれる(お酒は飲めないのにね)ために次々と金がなくなっていきます。おかしいですね。そのためバイトをそろそろ考えないといけません。今のところスーパーの品出しとかコンビニ店員あたりを考えていますが、実行穂未定です。ですが来たところによると今は男子の募集が多いらしいです。でも、前述のとおり空きコマなどに潜っていく必要があるので…。

・その他とりとめもないことは眠いので後にします。

おしまい☆
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【思えば無数の分岐をくぐってきました】

・こんにちは。お久しぶりです。リアル(失笑)が忙しくて、なかなか更新できずにいました。○今回は以下の点について書きたいと思います。・専攻の問題。・サイクリング部の問題。・社会科学系サークルの問題。・クラスの問題。・お金及びバイトの問題。・その他とりとめ...

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。